メロンのタネ

20101111_1259234
11月 17日, 2010
|

神秘!!
夏に、母がイエローキングというメロンを買ってきまして、仏壇の前に供えておりました。
買ったときはまだ硬くて香りも弱かったので、しばらく置いておこうという話になり、お盆の法要にも大活躍しました。
その後、なかなか香りもたたず、硬いままなので、もう少しもう少し……と言っているうちに、秋になりました。
その頃には、中がどうなっているの恐ろしくて、だれも手をだそうとしません。
秋のある日、勇敢なる父が包丁を入れる決心をしたのです。
ザクッと思い切ってふたつに割ったところから………
びよ~~~~~~んっ
と、メロンの芽が飛び出てきたのでした。
メロンは健気にも、果肉に包まれたその中で、可愛らしい芽を出していたのでした。
めでたしめでたし。
…え?食べたのかって?
そんな………恐ろしくて食えませんでしたよ…。
触った感じ、モサモサしていたので、きっと不味かったに違いない……。

XPERIA
JUGEMテーマ:写真日記

2 Responses to メロンのタネ

  1. 食べなくて、大正解だと思います(笑)
    いや~~貴重な写真を拝ませてもらいました^^;

  2. つかさ says:

    ☆筋トレ仕事人☆さん
    お返事遅くなってごめんなさい!!コメントありがとうございます!
    やっぱり、この状態では食べるのは危ないですよねぇ^^;
    いつまでたっても腐らず、柔らかくもならない不思議なメロンでした。
    まさか発芽しているとは(笑)
    生命力って、すごいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter Facebook Tumblr Flickr