異世界への入り口

20081021_407903
10月 22日, 2008
|

草木生い茂る森の片隅に、ひっそりと口をあけて待つ異世界への通路。

Vivitar ULTRA WIDE & SLIM with Solaris
JUGEMテーマ:写真


再び天命反転地シリーズ。
こちらは、GRDIIではなく、Vivitar ULTRA W&Sで。
印象を強調して、かなりキツめのレタッチをしてみました。
通路の奥に進むと、ある意味、異世界が広がっています。お化け屋敷は苦手ですが、こういうのは好き。暗所恐怖症の人には少し辛いかも^^;
最近、写真を撮るときの気持ちが少し変わってきました。
以前は、美しいものを撮りたい!と思っていたんですが、最近は、心に刺さるようなものが撮りたいと思っています。これが、難しい……。自分の目に映る強いイメージを忘れないように残しておきたいなぁと思うんですが…。うーーむ。

たまには強烈なレタッチで。
カメラアート写真ランキング
おかげさまで現在15位付近です!↑

4 Responses to 異世界への入り口

  1. TK396MAN says:

    >心に刺さるようなものが撮りたい
    これ分かります。
    日常と非日常の境目というか、一瞬時間が止まるような感覚が有る風景ってありますよね。
    写真は、時間を「止めて」記録するものですが、止めた写真の中の時間は「動いて」いるような写真を撮りたいですね。

  2. つかさ says:

    ★TK396MANさん
    こんばんは。
    >写真の中の時間は動いて
    そうです!そうなんですよ!!(何)
    ただキレイだなーとか、オモシロいなーだけでなくて、何か、力みたいなものが感じられるような……そういう絵にあこがれています。
    ……まだまだ道のりは遠いですが^^;

  3. K@zu says:

    いいですねー。こういう写真大好きです。自分もついついノイジーな写真を好んで撮ってしまいます。性格が歪んでいるからでしょうか・・・・?
    このハイコンの処理もいけてます。これからもかっこいい写真みせてください。ちょくちょく覗きにこさせていただきます!

  4. つかさ says:

    ★K@zuさん
    コメントありがとうございます!
    ノイジーな写真、わたしも好きです。高解像度のクリアな画面もいいですが、ノイズっていいマチエールになりますよね。…わたしも性格が歪んでるのかも…?
    極端なレタッチはどうなんだろうか…?と、ちょっぴりドキドキしていたのですが、コメントいただけてうれしいです(*^-^)
    K@zuさんの作品、すっごくカッコイイですね!また改めてご挨拶に伺います!
    のんびりブログですが、ぜひまたいらして下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter Facebook Tumblr Flickr