蓮、一輪

20090712_833383
7月 12日, 2009
|

万博公園早朝観蓮会にて。

EOS 30D
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
JUGEMテーマ:写真


11日に、万博公園の早朝観蓮会というものに行ってきました。
蓮って、まじまじと観察したのは初めてなんですが。
よくよく見ると、かなり面白い形してますよねー。
特に、蕊のあたり。
思っていた以上にデカイんだなーと思いました。
人の背丈くらいあったり。
水中の分も含めたら、もっと高いのか。
花撮りは大好きですが、最近マンネリというか。
ちょっぴり悩み中…。
そんなわけで、ご覧のとおりCGで遊んでみました。
他の写真も、できればぼつぼつうpしたいと思います。
できれば。。。。。

よろしければポチ↓お願いしますm(_”_)m
カメラアート写真ランキング

2 Responses to 蓮、一輪

  1. says:

    ハスや(笑)
    蓮の写真は、実はメインは葉っぱやねん、
    ちょっとまじめな話^^、
    蓮の葉をいかに綺麗に撮るか、蓮の花はいわば脇役、
    もちろん花写真なのでメインは花なんですけど、露出は葉に合わせます。少しアンダーにして忠実に。
    蓮は、花と実が同時になる植物で、仏教ではよく譬えに使われますが、東洋的な花ですね、「因果具時」
    またドロドロの池からあの綺麗な花を咲かせるので、煩悩の世間で生き抜く聖人のイメージもあります。
    でもその花を大きく美しく咲かせるのはやはり根(レンコン(笑))であり、欠かせないのは太陽の養分を吸収する(光合成)水に濡れないあの大きな大きな葉っぱなんです。
    そういう理屈から、世間で立派な人もいわば根がしっかりしていて、またその他大勢の悪も善も含めてたくさんの人のお陰であるという、社会の象徴のような被写体でもあるのです。
    結構奥が深いんですよ、蓮は。
    どうです?ちょっとは惚れてくれました?(笑)

  2. つかさ says:

    ★℃さん
    ハスです(笑
    なるほど、メインは葉っぱですか…。
    今度機会があれば試してみます!
    葉に露出ですかー。思いつかなかった^^;
    露出は、なぜかアンダーにする癖があって、ほとんどがかなり暗めになってしまうのです…。
    で、PCで確認して「あちゃー…」となって、泣く泣く現像時に修正を…orz
    デジタルだとハイライトが弱いので、飛んでしまうのが怖いんだと思います…。
    露出も、丁寧に扱うようにしなくてはいけませんね(-_-;)
    蓮の話。
    なるほどー。そういう意味があったんですね。
    冬に同じ場所で撮ったものがあるんですが、これもまた人の世になぞらえると、なんとも…。
    http://spice-tea.net/?eid=229
    個人的にはドロに惹かれます(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter Facebook Tumblr Flickr