雨のち桜

IMG_0017-Edit
3月 30日, 2014
|

自宅前にある桜並木は、年々弱っています。
昔は土だった通りを、アスファルトで覆った頃から衰弱が始まったように思います。
水分や空気がしっかりと行き渡らないのかもしれませんね。

小さい頃から毎年、重たいほどに咲く桜が待ち遠しくて、蕾が固いうちから、まだかまだかと観察していました。
最近の衰弱っぷりが寂しくて、なんとかならんもんかね? と父に話したところ、
「桜を毛嫌いしてるひとも多いからなー」
なんて。

毎年、きれいだと仰ぎ眺めてとおる人たちを見ていると、嫌っているひとがいるなんて、ちょっと信じがたい……
聞けば、花見シーズンには公園で大騒ぎする、焼肉の匂いに辟易、ゴミ問題、といった人的問題から、落ちた花びらや秋には落ち葉の掃除が大変、なども苦労もあるそう。

なるほどなー。
いやしかし、マナーが悪いのは桜のせいではないし。
解決できそうな問題もあるように感じます。
が、田舎には古くからのアレコレがあるらしく、若年ペーペーのおばさんが口をはさむスキなどないようです。

また公園では、児童の遊具が新設されました。
どれどれと見に行ったところ、大きな桜が一本、姿を消していました。

なんだかなぁ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter Facebook Tumblr Flickr